きっかけは、監査現場でお昼休憩中

きっかけは、監査現場でお昼休憩中のことです。

私は、公認会計士で、子供が2人います。来年、小学生と幼稚園(年々少)です。
幼稚園のお迎えの時間があるので、早めに帰らせてもらっています。

そして、お昼は自分でお弁当を持っていきます。さっさと仕事に戻りたいのがあります。
それと、体を壊したので、揚げ物をやめているところ、チームで食べに「とんかつや」などに入ると・・・・困るからです。

ちなみに、お菓子やパンも基本的に止めています。
基本的にというのは、スイーツとかどうしても、避けられない時があるじゃないですか。

もともと、お菓子、スイーツ、揚げ物大好き人間だったので、出されたりして「いりません」なんてことは、絶対に言えません。
人としても言えませんけれども。

そのお昼は自分で持ってきているパートナーと2人きりになったとき、「こんな本を読んでいるんです」と
渡されたのが、「50代にしておきたい50のこと」(だったかな?)
私は、50代ではないですが(笑)
30代後半です。


そして、中身をペラペラ見せてもらったら、「体を動かす趣味を持とう」「10年計画の習い事をしよう」と書かれていて、この2つがすごく心に響いた。
体を動かすのは、来年、次男が幼稚園に行ったら、スポーツジムに入会しようと思う。

10年計画の習い事なのですが、英語をゆっくりしてみるのもいいのかな?と思いました。
ちまたには、TOEIC900点を3か月で・・・とかあったら、ちょっとやる気になってしまうのですが、家のことほっぽらかしにしちゃいそうで。
私は家事苦手なんで、勉強に逃げる・・・になっちゃいそうです。


できれば、身体を治してくれた鍼灸・漢方とか勉強したいけど、能力とお金と時間がないですよね。
そして次に考えたのは、薬膳マイスターの資格でした。
こちらは、もしかしたら、勉強するかもしれません。

ちなみに鍼に行ったら、ツボの名前は全部言い当てられます!!
そして円皮鍼もしましたが、余計体の調子が悪くなったりします。
鍼灸の先生には「よく知っているね」「鍼灸師になれるのでは?」と言われますが、自分でツボ取りできないんですよね。
腎虚だの痰湿だの、気滞だの気になるのです。


で、色々考えた結果、好きなものが一番続く。
分っていますよ。
AIがもっと進化したら、一部の人以外英語なんていらなくなる可能性のあること。

でも、仕事で使うことも、ほぼないかな・・・っていうのが本音です。
公認会計士でももうすでにできる人がいっぱいいますし、留学や駐在の人もいっぱいいるので。

ちなみに旧TOEICで10年くらい前に受けたのが750点です。
何の証明にもならないですが・・・(笑)
そこから、ずっと英語勉強していたら、10年たってる!!というツッコミはなしにしてください。

不妊治療⇒妊娠⇒出産⇒一瞬仕事復帰⇒妊娠⇒出産だったので。
耳にイヤホンしていたら、イヤホンカバーを長男に飲み込まれたことあります。
無事にうんちに出てきましたが。

子供を持つことを強く望んだので、仕事や勉強は中断しました。
人それぞれだし、妊娠しやすい体質とか妊娠しにくい体質とかあるので。

11月25日に38歳になります。
なので、そこから10年計画で英語を勉強しようと思います。
基礎からきっちりとしたいと思います。

<スポンサーリンク>





この記事へのコメント